監査法人が適正と認める上場企業・上場準備企業の経理ノウハウ

当社のお客様が監査法人から無限定適正意見を頂いています。
これが我々の経理アウトソーシングサービスの最大の品質保障です。

公認会計士・監査法人が無限定適正意見を表明するということは、税金の計算はもとより、財務諸表の全体が、遵守すべき膨大な会計法規に準拠した正しい決算であると認められたということです。これは、一般的な会計事務所が提供している「中小企業の会計基準」に準拠している決算書というレベルを超えた、最高品質の経理アウトソーシングサービスである証です。

経理アウトソーシングサービス

無限定適正意見を頂くためには、税務署や投資家、株主を意識した会計処理や、開示・監査を前提とした根拠資料の作成など、経理業務の全領域で高品質が要求されます。こうしたレベルの高い決算を構成する各種の資料は、経営者が会社の実態を把握するうえでも有用な資料になります。つまり、監査を受ける必要のない会社であっても、金融機関に提出する決算書として考えた場合には、これらの資料は有効なアピールポイントになり得ます。

成長意欲の高い経営者に皆様に、早い段階から当社の経理アウトソーシングサービスの利用をお願いする理由はココにあります。当社の経理アウトソーシングサービスを利用することで、御社の成長にお役立て頂けますよう、お願いいたします。

ご相談は無料です

お問合せフォーム
お問合せ
お電話でのお問合せ
0120-24-7-962

ソリューション

特長

  今すぐお電話  0120-24-7-962