アウトソーシングなら急な欠員で慌てることはありません

決算作業中でも、いきなり戦力になるスタッフを提供します。

決算中にマンパワーの不足を感じる経理部長の方は多いと思います。

しかし、「今すぐ人を増員しても、引き継ぎなどをしている余裕もない、、、」ということで既存のスタッフの方の残業時間を増やすことによって決算をこなしているのが現状だと思います。

こうした悩みを解決するために、当社の経理アウトソーシングスタッフのご利用をお勧めします。

ご相談は無料です

引き継ぎがトコトン少なく済む理由

当社では、「引継のための時間」を予めお客様にお願いするということはありません。

当社が、まず着手するのは、「過去の決算書とその根拠資料を見る」ことです。その資料から自ら情報を抽出し、何をしなければいけないのかを組み立てて行きます。そのうえで、エクセルファイルの保存場所や、基礎データの入手先など、資料を閲覧するだけでは解らない部分について、こちらから質問させて頂きます。

こうしたやり方が実現できる理由は、経理アウトソーシングを担当するスタッフが、監査経験者や監査を受けたことのある社員又は登録派遣スタッフだからです。彼らは、決算値のあるべき状態というのを理解していますし、複数の会社の異なる決算書とその根拠資料を見ていますので、決算書を作る方法を一つだけではなく、たくさんの異なるやり方があることを予め理解する能力があるのです。

これは、別の云い方をすると、「これまでのやり方を引継せずに、新しい最も効率的な方法を提案することも出来る」ということです。その際も監査経験者、監査を受けたことがあるスタッフなので、単に開示資料を作成するというレベルではなく、会計監査人に説明するための資料作りという観点も含めてアウトソースすることが可能です。

「もし一人でも抜けてしまったら…」という状況は内部統制上の重要な欠陥です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

具体的に、私どもが何をご提供できるのかをお伝えいたします。

現状、欠員はないが、欠員した場合にどうするか確認したいというお問い合わせも沢山頂いております。

スタッフのスケジューリングは、スポット契約の場合は「ご注文の早い順」となりますので、事前にお問い合わせ頂くことをお勧めしております。問題が起きるまえに対処頂ければ、よりスムーズに経理アウトソーシングを活用頂けると思います。

 

ご相談は無料です

お問合せフォーム
お問合せ
お電話でのお問合せ
0120-24-7-962

ソリューション

特長

  今すぐお電話  0120-24-7-962