上場企業のお客様

上場企業の経理部を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。2001年の会計ビックバンにより次々に新設された各種会計基準への対応、更に最近では、四半期決算の義務化、いわゆる「45日ルール」に伴う決算早期化の要求やj-sox法への対応と、行うべき業務量は飛躍的に増加しています。しかし、上場企業の会計に精通している会計事務所は少ないのが実情です。

そうした状況のなかで、アカウンタックスは、証券取引法及び会社法に準拠した監査に耐えうる会計資料の作成を経理アウトソーシングサービスという形でご提供させて頂いております。

アカウンタックスは会計に強い会計事務所です。

アカウンタックスの経理アウトソーシングサービスをご利用頂くことによるメリットは次のとおりです。

■確実に有価証券報告書等のアウトプットを手に入れることが出来る。

正社員を採用した場合、有価証券報告書等の資料を作成するためには、当面の間、他の経理部員や経理部長に相当な事務的・管理的負担がかかります。 アカウンタックスの経理アウトソーシングサービスをご利用頂けば、公認会計士や上場会社の経理経験者を中心としたチームでお客様をサポートさせて頂き、既存社員の皆様にかけるご負担を最少化しながら、確実にアウトプットを手に入れることが出来ます。

■採用リスクを軽減出来る

上場企業数が大幅に増加し、かつ、開示情報の中心が、単体決算中心から連結決算中心へと変更されたにもかかわらず、公認会計士の人数は増えたものの、正しい決算を行える職業会計人の数は増加していません。したがって、御社が希望する経理実務の知識・経理実務のノウハウを持った正社員の採用は困難な状況が発生しています。 アカウンタックスの経理アウトソーシングサービスをご利用頂けば、アウトプットの納期と品質を保証いたしますので、採用リスクはなくなります。

さらに非上場の連結子会社の採用活動は、上場している親会社に比べて一層不利な状況が発生しています。実際に要求する経理実務の知識・経理実務のノウハウを有しており、確実に有価証券報告書等のアウトプットを出すことができるかどうかを、書類審査や採用面接の過程で、判断することも困難です。

■連結経営の実効性を高めることが出来る

上場会社では、子会社を含めた連結経営が当たり前になってきました。 しかしながら、親会社においては子会社の管理について充分なリソースを割くことが出来ないだけでなく、子会社では経理などの管理系の人員の不足が発生し、子会社の決算数値を連結する際のネックになっているケースが散見されます。 アカウンタックスの経理アウトソーシングサービスを、連結子会社でご利用頂けば、同時に子会社の業績の把握と同時に親会社のモニタリングの補助を行い、子会社の力を連結グループの力として取り込み、真の連結経営の実現が可能になります。

 

ご相談は無料です

お問合せフォーム
お問合せ
お電話でのお問合せ
0120-24-7-962

ソリューション

特長

  今すぐお電話  0120-24-7-962