予算作成支援サービス

良い予算とは、第一義的には短期的目標になる達成可能な予算であります。

しかし、実際のPDCA活動(計画(PLAN)実行(DO)評価(CHECK)改善(ACT)の一連の活動)において、評価(CHECK)と改善(ACT)を可能にする「中身のある」予算であることが実務上は有用です。

「中身のある」予算とは、単なる数字の羅列ではなく、個々の経営行動の結果として積上げられた予算のことをいいます。

こうした予算があって、はじめて実績値との差異が「意味」付けされ、有効な評価(CHECK)と改善(ACT)が可能になります。

アカウンタックスの経理アウトソーシングサービスでは、過去の決算値を参考にしつつ、それぞれの費目のコストドライバーを明確にしながら、「中身のある」予算の策定のお手伝いをさせていただきます。

予算策定の手順は次のとおりです。

まず、最初に財務担当取締役(CFO)が実施する予算編成方針案の作成作業のお手伝いをします。ここでは各部門が確保すべき利益金額までを定めます。この案が取締役会で承認されて、全社的な予算編成方針となります。

次に、予算編成方針が各部門長へ伝達されます。各部門長はそれぞれの部門の予算案を作成します。アカウンタックスの経理アウトソーシングサービスでは、この際に、各部門長に対して予算作成の方法のレクチャーを実施するほか、業務内容のヒアリングや過去の部門別損益計算書を見ながら、具体的な予算作成のお手伝いをします。予算制度構築支援業務の中心的業務はこの業務になります。

そして最後に、財務担当取締役(CFO)がこの部門予算案を総合的に調整し、最終的に取締役会にて全社予算として決定されます。

予算制度を導入して初期の段階では、予算作成に多くの労力とコストがかかりますので、アカウンタックスが有する公認会計士や税理士が開発した経理実務の知識・経理実務のノウハウを効率的かつ効果的に利用して、早期に予算を作成(PLAN)し、次のサイクルへと進んで下さい。

予算作成支援サービスをご希望のお客様はお気軽にお問い合わせをお願いいたします。
お電話:03-3237-1311
E-Mail:info@accountax.co.jp

ご相談は無料です

お問合せフォーム
お問合せ
お電話でのお問合せ
0120-24-7-962

ソリューション

特長

  今すぐお電話  0120-24-7-962