内部監査

上場準備の実務上、上場準備前の段階では多くの会社が内部監査を行っていないため、内部監査体制の構築も業務フローチャートの作成とならんで大きな課題となります。また、その監査手続きについても、公認会計士による会計監査のように法的に定められたものがあるわけではないため、自社のビジネスにあった形で構築していく必要があります。

アカウンタックスでは、経理アウトソーシングサービスとして、お客様のビジネス形態に合わせたオーダーメイドの内部監査をご提供させて頂きます。

内部監査とは、組織体の経営目標の効果的な達成に役立つことを目的として、合法性と合理性の観点から公正かつ独立の立場で、経営諸活動の遂行状況を検討・評価し、これに基づいて意見を述べ、助言・勧告を行う監査業務、および特定の経営諸活動の支援を行う診断業務です(内部監査基準第1項第1号)。
内部監査は最近の経営上のキーワードである「コンプライアンス経営」の要となる重要な業務です。
コンプライアンス経営とは、法令の遵守を超えて、企業倫理や行動規範なども含んだ広義のビジネスのル-ルを遵守した経営のことをいいます。

企業は、コンプライアンス経営が実際に行われているのかどうかの確認を、内部監査という手続きを通じて実施する必要があります。

しかしながら、近年の会社を取り巻く法制度の改正スピードは加速度的に高まっており、最低レベルの法令の遵守でさえ確保することが困難なレベルに達しているといえます。また、こうした状況の中で、内部統制に対する公認会計士による外部監査が義務付けられることも決定しています。そのため、内部監査は、上場審査上、非常に重要なポイントとなっているのです。

しかしながら、内部監査には量的にも質的にも充分な人員を割くことができない会社が多いのも事実ではないでしょうか。アカウンタックスの内部監査アウトソーシングサービスをご利用頂けば、こうした問題を回避し充実した内部監査を受けることが可能になります。

具体的には、次のような形でお引き受けしております。
①内部監査室からの内部監査業務のアウトソーシング
②監査役会又は監査役からの内部監査業務のアウトソーシング
(本業務については、お客様側の監査室の方との協働作業(コ・ソーシング)の形を取らせて頂きます。)

内部監査業務の具体的な内容につきましては、各個別企業の内部監査の目的に応じたオーダーメイドの形になります。内部監査業務をご希望のお客様はお気軽にお問い合わせをお願いいたします。

お電話:03-3237-1311
E-Mail:info@accountax.co.jp

ご相談は無料です

お問合せフォーム
お問合せ
お電話でのお問合せ
0120-24-7-962

ソリューション

特長

  今すぐお電話  0120-24-7-962