コロナで中止になったイベントの払い戻しを受けなかった場合

公認会計士・税理士の山口真導です。

2月に入って、本格的に確定申告の時期に入ってきました。

今年は所得税法の改正の影響を受けて、我々専門家は大変ですが、お客様は「基本的に」例年通りに資料をまとめて顧問税理士に渡しておけばOKです。

ただ、一つだけ特別なものがありますので、今回は、その制度をご紹介しようと思います。

1.寄付金控除に新たに追加になった項目

寄付金控除というと、いまやふるさと納税が一番有名ですが、そこにコロナ禍ということで新たな控除が追加sれています。

それが、「文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払い戻し請求権を放棄した場合」です。

コロナ禍において、様々なイベントが中止になりました。その中止に伴い、チケット代の払い戻しを受けた方もいるでしょうし、あえて、支援のために払い戻しを受けなかったという方もいるでしょう。

この制度は、後者の方のための制度です。

2.寄付金控除を受けるための条件

そうはいっても、なんでもかんでも寄付金控除を受けられるわけではありません。

まず、文部科学大臣から指定されたイベントでなければなりません。ご自身が参加されたイベントが該当しているかどうかは、コチラのページから確認することが出来ます。まずは、ご自身が参加する予定だったイベントが該当しているかどうかを確認して下さい。2月5日時点で、1,199件のイベントの登録があります。

次に該当する場合には、次の2つの書類を確定申告書に添付する必要があります。

  • 指定行事認定証明書(指定行事に該当することその他一定の事実を証する書類)の写し
  • 払戻請求権放棄証明書(放棄をした入場料金等の払戻請求権の価額その他一定の事実を証する書類)

いずれも主催者が発行しますので、さきほどのリストに自分が払い戻しをしなかったイベントが記載されていたら、主催者に連絡をして、両方の書類を取り寄せるようにしてください。

以上です。心当たりのある方は、必ず確認するようにしてください。

こういう細かい話はしませんが、もっと大事な人生を左右するかもしれないおカネの話をするセミナーを開催しています。次回は2月9日です。

セミナー

社長の手取りをトコトン増やす。社長向けセミナーを開催します

もし、節税対策の目的が「税金を減らすこと」ならご満足頂けないかもしれません。でも、節税対策の目的が「会社の財務基盤を強くすること」や「社長の生涯手取り収入を増やすこと」だとしたら、満足頂けるセミナーを開催します。

  • 社長の生涯手取り収入を増やしたら、会社の財務基盤が弱くなるのでは?
  • そんな方法があるなら聞いてみたい。
  • 顧問税理士から、そんな提案されていないぞ!

そう思った方は必ず参加して下さい。

法人税の税率がどんどん下がり、所得税など個人課税が厳しい時代に
変わっています。節税セミナーも進化するのです。

セミナーの詳細や日程については下記よりご確認頂けます。

 
———————————————
【セミナー・講演会・イベント情報】
https://accountax.co.jp/solution/tax-avoidance-seminar/
 
2月13日(土)、17日(水)
3月10日(火)、19日(金)、20日(土)
 
◆時間
16時開始18時終了
 
◆参加費用
10,000円
 
◆セミナー会場 
Zoom(オンライン開催)
 
https://accountax.co.jp/solution/tax-avoidance-seminar/
 
——————————————————
【個別のご相談も受けています】
1時間3万円(税抜)
来社での相談対応を原則としますが、
遠方の方はビデオでご相談を受けることも可能です。
(カメラとマイクのついているノートパソコンが必要です)  
このメルマガの返信でご用命下さい。
—————————————————
【ビズ部の近況】
こんな記事を書いて欲しい ということがありましたら、
 info@accountax.co.jpまで ご連絡下さい。
———————————————————
【紹介コーナー】
今回もお休みします。
—————————————
【編集後記】
 
お陰様で、長男は
無事、第1志望の学校に合格しました。
 
家庭内に張り詰めていた空気が解けて
やわらいだ気がします。
 
昨日は、わたしの甥っ子が
名古屋から東京に
大学受験でやってきて、
我が家に泊まっていきました。
 
社会人も大変ですが、
子供達もそれぞれ大変な
思いをしていますね。
 
昔ほど学歴偏重の時代では
ありませんので、
偏差値という
昭和の価値観を押しつけないで、
それぞれ学びたい分野に
進んでいって欲しいと思います
 
 
それでは、またお会いしましょう
キャッシュ・イズ・キング!!
 
————————————–
メルマガのバックナンバーが読めます。
コチラをご覧下さい
https://goo.gl/7TfS9J
—————————————–
★いま知りたい経営情報についてご連絡下さい。★
★お役に立てれば幸いです。         ★
 info@accountax.co.jp←受付アドレス
—————————————————————

 

 

お問合せは無料です
※ご相談は有料で承ります

お問合せフォーム
お問合せ
お電話でのお問合せ
03-3237-1311

ソリューション

特長

  今すぐお電話  03-3237-1311