【コロナ対策】法人生命保険を資金と利益の改善に使い倒す方法

 
自宅待機の子供達を「コロナ貴族」と命名しました。
節税ソムリエの山口真導(なおみち)です。
 
コロナ対策の2回目は、本命の法人生命保険の話です。ハッキリ言って、いままで沢山保険で節税してきた社長ほど有利ですよ。
 
法人生命保険は社長の埋蔵金です。しかし、採掘し尽くしてしまう(=解約する)と後が無くなります。採掘してはいけないのです。よくある埋蔵金の話も「あるある」と言われながら出てくることはありません。そこにあることを認識しながら、その本体には手を付けず、テレビ番組化して広告収入を取っています。社長もそれを見習う必要があります。
 
法人保険の販売後の使い方をレクチャーしても手数料が入るわけではありませんので、ほとんどの社長が使い方を知らされていません。はじめて聞いた内容でしたら、この記事を読んだあとに、自社の保険契約で同じことが出来るかどうかを調べて一覧表にしておくと良いと思います。
 
では、いきましょう。

なぜ、解約が第一の選択肢ではないのか?

考えるのが面倒くさいし、もともと生命保険なんか入りたくなかったんだ!なんて、自暴自棄になって生命保険を解約する社長を沢山みてきました。そういう社長に限って、また業績が良くなると、新しい生命保険契約をするものです。そして、その時、解約しなければ良かったということになるのが不鬱なので、一層、保険が嫌いになります。皆さんは、同じような思いをする必要はありません。解約のデメリットについて、箇条書きでお伝えしておきますので本題に入る前に確認して下さい。

  • 解約すると保障が無くなる
  • 解約すると退職金の積立が無くなる
  • 加齢と共に健康状態が悪くなるのが普通なので、解約して次の保険契約が出来る保障はない。
  • 加齢と共に保険料が高くなるので資金効率が下がる
  • 加齢と共に解約返戻率が下がる(ものが多い)

法人生命保険の活用法の全体像

コロナウィルス対策のための法人生命保険の活用方法としては、契約者貸付、払済、年払いから月払いへの変更、変換権の行使の4つの方法があります。ポイントは、利益と資金を別々に改善する方法があるということです。

資金繰りだけを改善したい場合は「契約者貸付」

生命保険の解約返戻金を担保とした融資のことを契約者貸付といいます。これは比較的良く知られている方法かもしれません。
保険を解約せずに資金が引き出せますし、貸付審査に時間がかからず保険会社によっては3営業日くらいで融資が実行されます。デメリットは、銀行借入より利率が高いところです。総合的に考えて短期の資金調達としては有力な手段といえます。
生命保険は担保になっているだけで、実態は保険会社からの借入金なので、損益には全く影響がなく、資金残高だけが増加します。

 

利益だけを改善したい場合は「払済」

保険契約を残しつつ保険料の支払を止めることを「払済」といいます。保険料を支払わないのに保障を継続出来るのが特徴です。払い込んだ保険料の運用は継続されるので解約返戻金は少しずつ増加します。保険金額を減額したり保険期間を短縮したりというバリエーションを付けられる保険契約もあります。
払済の場合、解約ではないので解約返戻金は戻ってきません。つまり、資金繰りに改善にはなりません。一方で、保険の種別が変更になる場合には、保険契約を解約返戻金の金額で評価して資産計上する必要があるので、損金性の高い保険の場合は解約返戻金額見合いの利益(雑収入)が発生します。
 

資金繰りと利益の両方を改善したい場合は「月払いへの変更」

資金も利益も改善したい場合の、第一候補は、年払いの保険契約を月払いに変更することです。凄く簡単で効果の高い方法です。
月払いに変更した期だけの影響ですが、保険料の支払いと費用計上額を削減することが出来ます。このような払い方の変更は契約月にしか出来ない保険会社が多いです。したがって、決算月に近い月に契約すればするほど、この方法の節税効果を大きくすることが出来ます。わたしが保険契約などの節税対策は決算月に集中させるように提案するのは、こうしたことを見越してのことです。同じ保険料を支払っているのに、期中に保険営業マンの言いなりで契約している社長とは、得られる財務効果が違うのです。
 

資金繰りと利益の両方を改善したい場合の切り札は「変換権の行使」

最後の切り札は「変換権の行使」です。保険会社によっては「コンバージョン」と呼ぶ会社もあります。これは、そもそも生命保険契約についている、他の保険に変えることが出来る権利を行使して、現行の保険契約を解約して新たな保険契約に入り直すということです。冒頭で解約するな!といっておいて矛盾するように思われるかもしれませんが、変換権の行使は、解約とは違って新契約をする際に告知や審査がない点で大きくことなります。必ず新契約に移行出来るので、保障の内容は下がるかもしれませんが、ゼロになることはありません。

財務対応で重要なことは、現行の契約は解約するので解約返戻金が受け取れることです。つまり、利益と資金を改善することが出来ると同時に、新たな保険契約も手元に残るということです。

変換を何度も出来る保険会社もありますので、会社の財務状況に合わせて、業績の良い時は退職金の積立を進めつつ、今回のような苦しい時期は、変換をさせて会社のために活用するというようなやり方で、環境対応をしていくことが出来ます。

生命保険は凄い財務ツールである

生命保険というと節税対策ということがクローズアップされますが、本当に役に立つ場面は契約して節税をする時ではありません。まず、これだけ活用方法があるというだけで「安心」出来ると思います。いざとなったら、ここに書いた方法で、保険を解約すること無く、活用することが出来ます。

問題は、保険を販売した営業マンの寿命が平均3年ということです。フルコミッションの厳しい世界なので、あなたに保険を販売した営業マンは既に保険業界にいない可能性が、かなりの確率であります。誰にも相談出来ずに、こうした素晴らしい機能を発揮することなく解約されている保険契約が沢山あるだろうと思っています。

しかし、皆さんには顧問税理士がいて、わたしもいます。安心してください。あなたの保険契約はもの凄い力をもっています。保険を上手く活用してコロナ不況を乗り切りましょう。

 

保険の活用法が上手いか下手かは、最終的には社長の手取り額に大きく影響します。節税に目がくらんで入ってしまった全損保険の解約時期が迫ってきています。セミナーで対策方法を説明していますので、是非、セミナーにいらして下さい。

 
 
セミナーの告知ページはコチラです。
(メルマガ登録がまだの方はコチラで登録して下さい。)
 
 
———————————————
【セミナー・講演会・イベント情報】
https://kigyou-no1.com/lp/take-home-pay
 
3月13日(金)、26日(木)
4月10日(金)、23日(木)
5月14日(木)、28日(木)
 
◆時間
15時半開場
16時開始18時終了
終了後、希望者のみで懇親会
◆参加費用
懇親会に参加される場合:15,000円
懇親会に不参加の場合:10,000円
◆セミナー会場 
オンライン 又は
東京都千代田区平河町二丁目11番2号
平河町グラスゲート2階
株式会社アカウンタックス セミナールーム
◆アクセス
(最寄駅)
永田町駅(4番出口から徒歩4分)
半蔵門駅(1番出口から徒歩4分)
麹町駅(1番出口から徒歩5分)
 
 
https://kigyou-no1.com/lp/take-home-pay
——————————————————
【個別のご相談も受けています】
1時間3万円(税抜)
来社での相談対応を原則としますが、
遠方の方はビデオでご相談を受けることも可能です。
(カメラとマイクのついているノートパソコンが必要です)  
このメルマガの返信でご用命下さい。
—————————————————
【ビズ部の近況】
こんな記事を書いて欲しい ということがありましたら、
 info@accountax.co.jpまで ご連絡下さい。
———————————————————
【紹介コーナー】
今回もお休みします。
—————————————
【編集後記】
 
同業者内で
イケてる税理士さんは
皆さん、保険には
否定的です。
 
その意見を
見聞きする度に、
わたしみたいに
失敗したことないんだろうな、
と思います。
 
 
毎月、
顧問料を頂くビジネスで
 
今月黒字だと
来月黒字、
 
今年黒字だと
来年黒字が
約束されている
イケてる税理士は、
 
たしかに
保険で節税する必要は
ありません。
 
 
しかし、
それは自分の話であって
お客様の話ではありません。
 
お客様は
今月黒字でも
来月は解らない。
 
今年黒字でも
来年は解らない
 
という環境でビジネスをされています。
 
これは
わたしがイケて無くて
失敗したことで
学んだことです。
 
勉強したんじゃ無くて
骨の髄まで
味わったことです。
 
だから、
同業者から
バカにされても
節税の効能を
お伝えし続けます。
 
 
幸せな社長を増やす
 
というのが
弊社の経営理念ですので。
 
 
それでは、またお会いしましょう
キャッシュ・イズ・キング!!
 
 
—————————————
メルマガのバックナンバーが読めます。
コチラをご覧下さい
https://goo.gl/7TfS9J
—————————————–
★いま知りたい経営情報についてご連絡下さい。★
★お役に立てれば幸いです。         ★
 info@accountax.co.jp←受付アドレス
—————————————————————

ご相談は無料です

お問合せフォーム
お問合せ
お電話でのお問合せ
0120-24-7-962

ソリューション

特長

  今すぐお電話  0120-24-7-962